読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まま研究所ブログ

思ったことをてきとーに書きます。

BootcampにおけるWindows 10をクリーンインストールする

Bootcamp Windows Windows 10 備忘録


最近Bootcamp上の無償アップグレード版Windows 10クリーンインストールする必要が出てきて、いろいろと詰まったのでメモとして置いておきます。

Windows 8/8.1からアップグレードする

こちらはWindows 8/8.1をインストールし、アップグレードした時と手順は全く同じです。
特に明記することはありません。
なお、無償アップグレード期間後にこの方法が使えるのかどうかは未定です。(公式見解)


Windows 10をDVDから新規インストールする - 下準備

問題はこちらです。
通常Windows 10はOS上でクリーンインストールするにせよ、DVDブートでクリーンインストールするにせよ、ハードウェア構成が変わらない限りライセンス認証は通るようです。(公式見解)
しかし、Bootcampでは実質的なハードウェア構成が変わらないものの、ライセンス的には変わっているらしく、ライセンス認証は通りません

そのため、非公認の方法ですが、ハードウェア構成を記録し、それを利用してライセンス認証を通す方法を用います。

まずは「Windows 10をBootcamp上から綺麗さっぱり消します」。
その後、「Windows 8/8.1をインストールし、ライセンス認証まで通します」。
なお、Windows 8の場合は8.1にアップグレードしてからのほうがいいかもしれません(未確認)

次に、「Windows 10のメディアを入れ、soursesディレクトリの中にある"gatherosstate.exe"を引っ張り出します」。
引っ張りだしたgatherosstate.exeを実行すると同一のディレクトリに"GenuineTicket.xml"が生成されるため、これを保管します」。
このGenuineTicket.xmlは使いまわせます。

まとめます。
1. Windows 8.1上でWindows 10のメディアから「sources/gatherosstate.exe」を引っ張りだし、実行。
2. 生成された「GenuineTicket.xml」を保管。(次回から使いまわせる)

Windows 10をDVDから新規インストールする - 本編


次に、「Windows 10を新規でインストールします」。
その際にプロダクトキーを2回ほど聞かれますが、全てスキップしてください。

インストールが完了しましたら、「保管しておいたGenuineTicket.xmlを"C:\ProgramData\Microsoft\Windows\ClipSVC\GenuineTicket"ディレクトリに移動またはコピーします」。
なお、ProgramDataディレクトリは隠しファイルのため、表示設定を行ってください。

次に、「コマンドプロンプトを管理者権限で開き、"slmgr.vbs -ato"を実行します」。
しばらくすると「製品は正常にライセンス認証されました」と出てきます。
※出ない場合はWindows 8.1からアップグレードするしかないと思います。

これでライセンス認証が完了し、クリーンインストールが完了します。

まとめます。
1. Windows 10を新規でインストール。
2. 保管したGenuineTicket.xmlを「C:\ProgramData\Microsoft\Windows\ClipSVC\GenuineTicket」にコピー。
3. 管理者権限のコマンドプロンプトで「slmgr.vbs -ato」を実行。
4. 「製品は正常にライセンス認証されました」と出れば完了。


○おわりに

Windows 8.1からアップグレードする方法が正規の方法ではありますが、期間外で利用できるか怪しいため、GenuineTicket.xml法はいつまで使える手法かわかりませんが、現時点では非公認ながらこの手法でのみ直接クリーンインストールができます。

余談ですが、無償アップグレード版Windows 10でもプロダクトキーは割り当てられますが、それを直接利用することはできません。