気まま研究所ブログ

思ったことをてきとーに書きます。

Windows 10のリカバリーで気になったことをMicrosoftに聞いてみた。

この前、Bootcamp上の無償アップグレード版Windows 10のクリーンインストールをした時のことを書きましたが、その時に気になったことをMicrosoftさんに聞いてみました。


○Q&A

Windows 10クリーンインストールでのライセンス認証について、DPKがない場合どうするのか

ハードウェア構成の変更がなければWindows 10上でクリーンインストールをすることも、新規でインストールすることも可能だそうです。
DPKと聞いたのは少し調べてみたところDPKを参照しているという情報を見かけたからですが、どうやらあまり関連性はないようです。
ただし、一度Windows 10上にて正常にライセンス認証が行われていることが前提です。
→ サーバー上にハードウェア構成が記録されないため


・無償アップグレード版Windows 10のキー

無償アップグレード版Windows 10には新規でプロダクトキーが割り当てられますが、これを直接利用することは不可能と思います。
※直接的な回答ではありませんでしたが、近い言葉があり、私自身試してみました。


Windows 8からWindows 10にする方法は無料アップグレード期間が終了した時も通用するのか

現時点で無償アップグレード終了後のことは決定していないためわからないそうです。
以前の回答ではできないということでしたが、内部でも混乱があるのでしょうか。


・GenuineTicket.xmlを用いたライセンス認証

公式では非公認の手法であるため、回答はできないとのことでした。


まとめ

・一度でもライセンス認証を通しておけばハードウェア構成が変わらないかぎりライセンス認証は通る。
・無償アップグレード版Windows 10のキーは使い物にならない。
Windows 8からWindows 10にする方法は無料アップグレード期間が終了しても使えるかどうかはわからない。
・GenuineTicket.xmlを用いたライセンス認証は非公認でいつ塞がれるかわからない。

このことから、クリーンインストールはハードウェア構成が変わっていないのならDVDブートでもOS上でも直接Windows 10をインストールすることができます。
また、Windows 8.1からのアップグレードも現時点では可能ですのでそちらも利用できます。

という感じです。
ただ、ハードウェア構成が変わるとライセンス認証が通らなくなるため再度通す処理が必要になるみたいです。
Bootcampは仮想という認識らしく、ハードウェア構成が毎回変わるので正規の手順で直接Windows 10でライセンス認証は通せませんでした。
期間終了後どうするか悩みどころですね・・・。